読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったり日本酒道

日本酒を楽しむコツを分かりやすく紹介していきます

【決定版】主要な日本酒イベント・試飲会まとめ

イベント・試飲会

日本酒ファンなら押さえておきたいイベント集

ありそうでなかった日本酒イベントのまとめを作ってみました。日本酒イベントは星の数ほどありますが、日本酒好きとして押さえておくべきイベントに絞っています。ずっとこの記事が役に立つように、例年の開催時期を記載しています。2017年の開催日時は随時更新していきます。

そして、イベントに参加する心構えとして、下記2点を挙げます。

  • 飲み過ぎ厳禁
  • 水大事!水を持参して、いつでも飲めるようにしましょう

水に関しては、この記事を参照してください。

イベントとなると、楽しくてつい飲み過ぎてしまいがちです。自分の限界を超えないよう節度を持って楽しみましょう。そして、水を飲みながら、お酒をいただくことで悪酔いを抑えることができます。

イベントによっては水を用意してくれるイベントもありますが、好きな時に飲めるよう自分でも水を持参することをおすすめします。イベント参加に慣れた日本酒ファンは、みんな水を持っていますよ。

また、近年の日本酒人気に伴って、チケットがすぐに売り切れてしまうイベントも存在します。行きたいイベントのチケットは早めに手に入れましょう。

続きを読む

銘酒探訪 「津島屋」 -28BY飲み比べ編-

銘酒探訪

後編の「28BY飲み比べ」編スタート

新コーナー、銘酒を深掘りして紹介する「銘酒探訪」。御代櫻醸造が醸す「津島屋」後編の「飲み比べ編」のスタートです。前半の「蔵見学編」をまだ読んでいない方は、下記リンクからどうぞ。

津島屋とは

f:id:sake-casual:20161209135646j:plain
津島屋 ひやおろし2種類

「津島屋」が全国の特約店にしか出荷しない限定流通銘柄で、「御代櫻」が地元向けの銘柄という住み分けになっています。「津島屋」は、6代目蔵元の渡辺社長と酒向杜氏が2012年4月にスタートさせた新銘柄です。全て純米仕込みとなっています。軟水仕込みからなる、穏やかな酒質で、重くもなく、軽くもないバランスの良い飲み口に仕上がっています。そのバランスの良さから、飲み飽きせず、つい杯が進んでしまうお酒です。

チャレンジ精神旺盛な渡辺社長と、信頼できる技術力を持ち慎重派の酒向杜氏、そんなお二人がタッグを組んでいることも、バランスのとれた酒質になっている要因の1つかもしれません。

津島屋は、大きく下記の2つのタイプに分別できます。

特定名称 味わい
純米 食中向き
純米吟醸、純米大吟醸 華やかでフルーティー
続きを読む

銘酒探訪 「津島屋」 -蔵見学編-

銘酒探訪

新コーナー「銘酒探訪」

突然ですが、新コーナー「銘酒探訪」をスタートさせることにしました。1つの銘柄を深く掘り下げて紹介していくコーナーです。記念すべき第1回目は、先日、蔵見学させていただいた「津島屋」です。

津島屋との出会い

まず、本編に入る前に、私と津島屋との出会いについて語らねばなるまい。2012年10月1日(日本酒の日)に、大森・吟吟で開催された「ひやおろしナイト」でのこと。「ひやおろしナイト」では、10月1日解禁となるひやおろしの日本酒、30~40種類をブラインドで利き酒し、自分の好きな日本酒3本に投票して、参加者からの得票数によって、ひやおろしグランプリとなる日本酒を決めるイベントです。

初参加で要領の分からない私は、隣で利き酒していた某蔵元さんに要領を伺って、利き酒を進めていきました。3種類選んで良いところ、特に印象に残った2種類のお酒にのみ投票しました。なんと、その2種類が「津島屋」だったのです。純米大吟醸の岐阜県産契約栽培米山田錦、播州産山田錦の2種類でした。「津島屋」は1位は取れなかったのですが、初参加にて、なんと2位、3位を飾りました。

その年の12月に吟吟にて津島屋の蔵元会が開催され、そこで蔵元の渡辺社長と知り合うことができ、その後も吟吟の蔵元会や、偶然カウンターでご一緒させていただいたりと、渡辺社長のお人柄の良さも知り、ますます蔵のファンになりました。押しメンならぬ、押し蔵があるとするならば、私は間違いなく「津島屋」の蔵元、「御代櫻醸造」を挙げることでしょう。そういうことなので、本ブログのアイコンは、「津島屋」の画像になっています。

岐阜県美濃加茂市にある蔵へGO

f:id:sake-casual:20170208214949j:plain
歩いていくと見えてきた「御代櫻」の看板

さてさて、長い前置きでしたが(笑)、「津島屋」、「御代櫻」を醸す御代櫻醸造に蔵見学へ行ってきました!岐阜県美濃加茂市にあり、JR美濃太田駅から徒歩10分ほどで到着。周りは昔ながらの宿場町に囲まれ、雰囲気のある街並みです。板垣退助が事件によって殺される前日に宿泊したという宿もすぐ目の前にあるそう。 蔵開放で蔵には伺ったことはありますが、蔵の中を見学させてもらったことはないので、胸が高鳴ります。

続きを読む

自分にぴったりな日本酒居酒屋の見つけ方

日本酒居酒屋-中級編-

一人飲みに適した居酒屋とは

前回は、日本酒居酒屋での一人飲みの魅力を紹介しました。 今回の記事では、一人飲みに適した、自分にぴったりの日本酒居酒屋を見つける方法をお教えします。

まず、一人飲みに適した日本酒居酒屋の条件を3つ挙げます。

1.カウンター席があること

カウンター席があることは必須です。カウンター越しに店主や店員さんと話ができます。

2.日本酒に詳しい店主、または店員さんがいること

こちらも必須です。日本酒に詳しい店主、または店員さんがいないと、日本酒の話題で話すことができません。

また、調理場にいる店主一人が日本酒に詳しくて、ホールの店員さんが日本酒に詳しくないというケースもあるので、その場合は、店主とお話できる位置の席に座らないと、日本酒の話を聞けないといったケースもあります。

あと、日本酒に詳しい店主、店員さんがいても、あまり客と話をしないお店もあります。そういうお店の場合は、一人飲みは厳しいので、二人以上で行くようにしましょう。

3.お店に常連さんがたくさんいること

お店に常連さんがたくさんいるということは、何度も足を運びたくなる良いお店という証拠です。また、何度も来てくれるお客さんを大事にしてくれるお店ということでもあります。

そして、常連さんは一人でお店に来ることが多いです。一人飲みでも楽しいから、頻繁にお店に来るのだろうと考えると、「常連さんが多い店≒一人飲みに適したお店」となります。

自分にぴったりな日本酒居酒屋の見つけ方

どのお店が自分にぴったりなのか、それを判断する私なりの基準は、「店主の日本酒の好みと、自分の日本酒の好みが合うかどうか」です。

続きを読む

居酒屋一人飲みの魅力とは

日本酒居酒屋-中級編-

まさか自分が居酒屋で一人飲みをするなんて

日本酒を好きになるまで、まさか自分が居酒屋で一人飲みをしているなんて想像していませんでした。一人でご飯を食べて、お酒を飲んで、何が楽しいのか、自分には無縁な話だと思っていました。

それがなぜ、今は喜んで一人飲みをするようになったのでしょうか。

f:id:sake-casual:20161211151226j:plain
お刺身と日本酒は鉄板の組み合わせ!お刺身に合う日本酒くださいと注文しよう

一人飲みだけど、一人で飲んでいるわけではない

続きを読む